Windows10へのアップグレードはしばらく様子見

Windows10が来月7月29日にリリースされる予定となってますが、windows7のPCでは既にアップグレード予約のタブが表示されているようです。

win10.png

これは1年間に限り無償でアップグレードできるものですが、意味合いとしては、「無償アップグレードしたものを1年間限定で使えて、その後に有料になる」という意味ではなく、「アップグレードしたあとはそのままずっと無償で使える」という意味になります。

もし1年以内にアップグレードしない場合、その後にwindows10にしようと思っても、その時は有料になるかもねという意味です。

このタブをクリックした画面上にある左上のメニューから、「PCの準備は完了」の画面を表示させると、自分のパソコンでアップグレードできるかどうかが確認できます。

win10-2.png

ただ、この予約をするのかどうかについては、ちょっと待った方がよいかもしれません。

DVD再生には別途にツールが必要になるようですし、また、windows 7上で使っていた既存ソフトも、windows10上でも使えるかどうかは不明です。仕事でパソコンを使っている場合には、アプリケーションが使えなくなり業務に支障が出てくる可能性もあるため、慎重に対応されることをおすすめします。

通常、「新規インストール」の場合、今までの画像や動画などのデータは全て削除されますので環境は引き継げませんが、「アップグレード」の場合は、今ある環境を保持したままで移行できるため、OSだけが変わるという認識でよいと思います。

ただ、データをそのまま引き継げたとしても、ソフトの方がwindows 10に対応していなければ使えません。このあたりの判断は慎重に検討されることをおすすめします。

私は来月、サブのパソコンでアップグレードしてみますので、その際にでも再度、当ブログ上でレビューさせて頂く予定です。