アットマーク「@」とは何か?

日常的にメールアドレスなどで使用している「@」のマークですが、これは日本語で「単価記号」と呼ばれているようです。本来は会計で使用されていたようなのですが、アットマークは名前などで使われるケースがないため、電子メールアドレスとして使用されるようになったようです。

メールアドレスではドメインと名前の部分を区切るために使用されていますが、ドット「.」の場合はサブドメインでURLになるのに対し、アットマーク「@」の場合はメールアドレスになる違いがあります。

このように考えると、ドメインにはサイトのURLとメールアドレスの二つの用途があるわけですが、一方ではドメイン名はIPアドレスで指定されてもいるわけです。

URLとメールアドレス、そしてIPアドレスは何気に使用しているものではありますが、意外にも密接な関係があるのかもしれません。